へそくりしてみる?

人生の中で一度はへそくりをしたことがある人も多いのではないでしょうか。家族にばれないように貯めなければいけないのは意外と難しいですよね。へそくりをする理由は人それぞれでしょうが、どのように貯めているのでしょうか。


主婦の方などは買い物をしたお釣りの小銭を貯めたり、お小遣いサイトを利用したりしている方が多いようです。家計簿をつけている方は「雑費」などとし、出費として計上してしまうのも手です。少ない金額でもコツコツと続けることで塵も積もれば山となります。


へそくりをするにあたり、家族にばれないようにするためにはどこに隠すのがよいでしょうか。

へそくりの隠し場所の条件として、見つかりにくいことが一番に挙げられるでしょう。そうなると隠し場所は限られてきます。昔から定番のタンスの中や、本の間、冷凍庫の中なんていうのも見つかりにくい場所としてはよいですね。ただ、小銭で貯めていく場合には、ある程度貯まったら銀行に預けに行くなどの対応が必要になります。



では、へそくりの使い道はどのようなものでしょうか。いざという時の貯金として、家族を助けるためのお金であったり、自分へのご褒美のために使うとういうこともあるでしょう。家族を喜ばせるためにこっそりプレゼントを買う。なんて使い方はすてきなへそくりの使い道ですよね。コツコツ貯めていたへそくりがある程度の金額になったときには使い道を考えてわくわくしてしまいますね。



ただ、へそくりをするにあたって気を付けたいことがあります。それは、結婚後に稼いだお金の中から貯めたへそくりは、夫婦の共有財産になることです。いくらパートナーに隠していることを黙っていても、見つかれば半分はパートナーのものです。後々揉めたり、言い争いになることだけは避けたいですね。


堂々とお金を貯めればよいものを、こそこそ隠しながら貯めていくへそくり。貯まったへそくりの使い道を想像しながらコツコツ貯めていきたいですね。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.1