賢いお金の貯め方

tyokin.jpg今度こそお金をためるぞ!と意気込んでもなかなかお金が貯まらないという経験をしたことはありませんか。十分な意気込みと貯めたい意志はあるのに、なぜうまく貯まらないのでしょうか。思いあたる人は、貯め方を工夫するとみるみる貯まっていくかもしれません。


手っ取り早くお金を貯めるには、強制的にお金が貯まる仕組みを作るのがよいでしょう。勤め先の福利厚生を調べてみて、財形貯蓄制度があれば活用しない手はありません。財形貯蓄制度とは、毎月決まった額を給与天引きで引き落とす制度です。

引き出すためには、銀行預金に比べ手続きが面倒だったり、一定期間据え置かないと引き出せないなど、制約がある場合が多いです。給料の中から先取りで貯金に回せること、引き出す時の手続きの煩雑さなどを考えると、銀行などに預け入れるよりも貯まるかもしれません。財形貯蓄制度は勤め先によって異なるため、一度職場に確認してみるとよいですね。



職場に財形貯蓄制度がない場合でもあきらめないでください。銀行預金には、普通預金の他に、定期預金があります。その定期預金の中に積立式の定期預金というものが存在します。

普通預金のようにATMで自由に引き出すことはできず、引き出したいときには窓口での手続きになるため、普通預金に比べるとお金を貯めやすいです。目標金額を決めて、毎月決まった額を貯めていったり、自動引き落としの設定にするなど自分が一番貯めやすい方法で貯めていくのがよいでしょう。
名称や商品内容は各銀行によって異なるため、取引銀行に問い合わせてみるとよいかもしれません。



お金を貯めるには、当然のことながらお金を使わないようにすることも重要です。特にクレジットカードはその場で実際にお金を払わないので、いくら使ったか自分でしっかり把握できる人はよいですが、そうでなければ持ち歩かないのが賢明です。他には、必要以上に現金を持ち歩かないのも一つの手です。

自分にあった方法で、うまくお金を貯めていきたいですね。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.1